2017.11.27

窓枠 2

娘は絵画教室というか受験準備の教室にお試しで行ってます。

10:00から16:30まで描いて他の人の作品並べて講評があったらしいですが、、、まぁローマは一日にしてならずですかね。

学力試験の勉強も必要なので、自らを高めるモチベーションをキープしつつなんとか良い方向へ行って欲しいです。

0.3洋白線を出してきて

BBR向けに切り出してみました。たった0.1mm増えただけなのに曲げるのも切るのも大変。

とりあえずBBRは諦めて、GTOのフロントとリアをフィッティングします。

2回目なので慣れてきました。

SWBはフロントのルーフ側の処理が難しい。

ウィンドウ高いとシルエット変わっちゃうから、資料を見つつ慎重に。

ちょっと足りない部分をメタルで補充

デカイヤスリでガシガシっと削り

2mmくらい高さ詰めてちょうど良い塩梅

あ、変な毛が…

両方スジボリ掘らないとイカンのよね。

このままルッソと250MMの窓へ行くか、スジボリやるか悩ましい

手が止まると止まるな…

2017.11.25

焼け棒杭

いやーマズイですねー

上田の師匠にすっかり惑わされて…イカンです。

1984,5,6年頃でしょうかね、中高学校時代は東京マルイのプラモデルからの、MGC-ABS製ブローバックをM11、デトニクス、M1911、M16A1等いくつか作っておりました。

マガジンの絞り具合とかいろいろ調整しないと綺麗に連射できなくて試行錯誤してました。

この時代はお年玉的な臨時収入はすべてモデルガンに消えてました。

※画像借り物です。問題あれば削除します。

エアガンもコッキングハンドル付きミニUZI、SS9000に無限の強化パーツ組んだものの、ケースレス化のパーツが高くて買えなかったのでサバゲーには行かず。固定スライドガスのMGCの93R、M645で実家暮らしは終了。実家にあるのかな?捨てちゃったか?記憶がありません。

※画像借り物です。問題あれば削除します。

浪人時代から大学は43ミニカー三昧。

それでもMGC新宿は偶に行きました。電池式のガスガンMp5K PDWを戯れに買った記憶があります。

※画像借り物です。問題あれば削除します。

ガスブローバックの波の頃からマルイ電動ガン時代は完全に離れておりまして、「七人のおたく」劇中で「ああ、こんな時代なのね?」と思った記憶があります。

ミリオタの知り合いが居た関係からマルシンのHWモデルガンM9を作ってみて、初めてHWにビックラしたのを覚えています。その後潰れたのを知らなかったMGC(KSC)のガスブローバックGlock19買った記憶が…1999年くらいでしょうか、引っ越しやらなにやらで、こちらは確実に捨ててしまって、それ以降は家にモデルガンあったこと無いです。

|

しかし…

謎の書物

GLOCK 42

|

なんか小さいGlock気になってなんですけど、G19は持ってたし、なんかバランス的にG26は違うなぁと

めちゃ小さい子供用か!

ガスも無いので遊べませんけどスライド、アウターバレルが金属で冷たくてイイ(笑

ロゴ類がGLOCKな点共々大丈夫なのか?おじさんは深く追わないです。

スライド戻った時の甲高い金属音に痺れます。ガスくらい買うか…

あーとうとう買っちゃったよ。

たぶん、もう買わないけど…Glock「43」出たら買う?

2017.11.24

窓枠

勤労感謝の日です。娘の期末試験の中日で、勉強見ております。

外は天気が良いです。北海道は雪景色になりつつあるようです。

階下の娘は鉄火場ですが、日差しが柔らかくてなんかホノボノ。

こいでさん話題のアンカーチェーン

いただきもののHO用(右)の細いのがあったのですが、アマゾン探してみたらもっと細いのが売ってました。

超極細らしです。奇しくもモデラーズ製というのが泣かせます。1000円以下なのでお買い得かもしれません。

さて本題

43久々ですねぇ

中華オフ時に依頼した250MMがオペンスキさんから届きました。流石です。

窓付きの車で問題になるのが窓枠、今回は鈴木さんの真似っこでやってみようかと思います。

窓枠にマスキングテープ貼って鉛筆でなぞり

0.2mm洋白板に貼って切り抜きます。

で曲げて合わせる。

1台だけやってても経験が足りないので手元で滞っていたやつ全部やっつけます。

元の窓枠を削る必要があって、さすがに新品の250MMをやっちまうと後戻りできないからすでに窓枠を削ってしまってるSWBで一発目をためしてみます。

窓の上下高さが少し広い気もしますが、これがAMRスタイルなのでそのまま

窓枠が健在なルッソと250MMは最後にまわして次はGTOかな

つづく

2017.11.21

長門 5

ご無沙汰です。最近のブームは娘の受験です。

中学校の成績がかなりメタメタなので、選択肢が少なく厳しいですねぇ

私も好きな事以外は勉強嫌いなんでしょうが無いですな。

美術専科のある高校へ行きたいらしいですが、デッサンが入試に課されていて、今から勉強して間に合うのか?という状態です。

ま、やるだけやるしかないですが、なんだかスイマセン。ギリギリもデモドリ家伝統ですかね。

ほとんどSNSに上げてる内容と変わらないので、目新しさは無いblog

近所のOKストアでサッポロクラッシックが売ってました。

基本的に北海道行かないと買えないしろものなので喜び勇んで買って来ました。

日曜日は天気が良かったので少しだけ、ホントに少しだけNinja乗りました。

寒いっす。缶コーヒーもあっという間に冷たくなります。

本題の長門

タミヤの流し込み接着剤が切れてしまったので買おうと思うのですが、近所では一切手に入りません。

先週の英検の帰りも大宮辺りで入手可能な場所を検索しても見つかりません。

ちょうど新橋でお客様訪問したので帰りにタミヤに寄りました。

3種類買ってきました。コレ以外にもリモネン系とオレンジの六角ビンのヤツなど何種類もありました。

速乾の流し込みってどういう用途なのか、よく分かりませんけど、良いらしいので買いました。

ダラダラと流れない感じでしょうか。

船体を組み始める前に台に固定するための船底にナットを仕込みます。

まあダイタイこんな感じ?

おーっと船体の補強材とナットの位置が被った!しかも2箇所ともドンピシャじゃん

作業用の木製台にも穴開けちゃったのに、、、穴開け直しかよ。

台の前後をクルリと入れ替えて船底のみ穴を開け直しなんとか事なきを得ました。

船底の穴は補強材に隠れて見えません(笑

買ってきた接着剤でバシッと接着

辛抱たまらず一番二番砲塔を載せてみちゃう

おおー戦艦だぁ

ちょっと隙間があるので溶きパテで埋めます。

ヤスリじゃなくてシンナー染み込ませた綿棒で余分を拭き取ります。

船底の赤い部分も少し合わせの慎重さが足りなかったので段差が…これもタミヤパテ

この辺終わったら船体の色とか甲板の木目とか塗っちゃうのかな?

どういう順番が良いのか考えます。

« Previous | Next »