« | »

2017.03.16

ドクロとおP星人

去年末のAFVの会レポートが載っているよと教えていただいたので、タミヤオンラインから入手しておきました。

ツイにタミヤニュースに載った嬉しい。

さて、自分のリビドーを丸出しにしているようなこっ恥ずかしいフィギュアですが、これを乗り越えなければ完成はありません。

事務的かつ扇情的に隠されたオノがリビドーをさらけ出して行くのです。

顔をどうするかという問題がありまして、似るとか似ないとか以前に人間として違和感無く、女性に見えるか?という…

ドクロですよ。ドクロの作り方すら解説があります。ちらっと見えるのは歯の解説(笑

かのダビンチ先生は絵のために人間解剖したらしいけどそこまでは無理なんで本を参考にドクロ

ちゃんとモンゴロイド(東洋人)とアングロサクソン(西洋人)の違いまで解説されとりました。

私としては図面が欲しいところですが、CTスキャンのメンタマが輪切りになった画像を見つつ…コレジャナイ..

やっと本題のおP

近年良いなと思ったのは中川美樹氏の胸部ですね

隙間の骨がなんか良い

服を着せるのであんまし念入りに作るのもナニですな。

脇も大事なんですよね。服を着せるの(ry

と、ここでポーズが硬いなと…

なにが違和感なのか

遠方より援護射撃が、「AではなくてBですよ」と。

図解までしていただいて感謝であります。

首の角度というか背骨の終わり部分を垂直にしてしまったのが敗因のようです。

首上はボディついたままだと細部工作が無理なので、キンキンに切り離す予定で、同時に見直したいと思います。

ありがとうございます。

つづく

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

楽しそうすなぁ自分では絶対やらないけど。

顔大きくないすか?

>ワタナベさん
楽しいですよー
もう全然思い通りに行かないので逆に新鮮です。
顔はiPhoneで撮っていると、近い部分がデカくなってこう写っちゃうんですよ。