Home > 11月 5th, 2017

2017.11.05

Ferrari 340 America完成

1年ほど作って来た340Americaが完成しました。

前日はバキューの絞り直ししてました。塩ビにブツブツが出来る原因調べたり。

基本的には不必要に高温だった場合に発生するようです。

0.3mmと0.5mmは絞れる温度に暖めると必ずブツブツ発生してしまって、美味しいポイント見つかりませんでした。

まぁ、ガスコンロじゃダメつー話かもしれませんけどね。

木工ボンドを水で溶かしてウィンドウスクリーンを除去します。

やり直しのウィンドウスクリーン

前回より低くしました。

リアビューミラーを0.5mm洋白板から削り出し。

0.5mm洋白線の支柱、根元は0.2mm線のリングを追加

引き続きトランクオープナー

0.5mmの穴を開けてから、荒く削った洋白角線に0.5mm洋白線を半田付け

同じく根元に0.2mm洋白線のリングを追加

最後の部品

かんせーい

N田さんに見せていただいたH氏作と思われる917LHにインスパイアされました。

今回は、自分の腕は、はたして贋作を作れるレベルに達したのか?というテーマです。

|

アニキが昔H氏の作品を真似て作っていて、気付きの内容はたぶん同じなのかもしれません。

物理的制約があるので否応なく省略しなければならない43ミニカー。

実車ディテールと比べて、43言語に置き換える際の基本理念はいったいナニなのか?

ボディのフィニッシュが平滑かつ整った艶なのは当然で、

最終的には装着されたフィッティングパーツのクオリティに左右される。

実車と同じ形状の部品かどうかよりも、全体バランスに対応した適切なパーツ選択を行っているか?

先に疑似制作体験をしたアニキはとっくに結論に達していたと思います。

私も今更ながらに気付いた次第です。なかなか得難い経験でした。

さて、フィッティングパーツのクオリティをどうするのか?

次回以降につづく

大事な事はフィッティングパーツ以外にももう一個ありますけどね。。。