Home > 10月, 2017

2017.10.30

長門

最近艦艇模型ってどうなのよってな具合で、ニュージャージーがお手つきで、

本棚にも関連書籍が増えつつあります。

左は作り方が詳細に解説されてます。右は少し解説もあるけどホボ写真集、作る人は左の本が良いようです。

WLの初心者だからはじめは本の通りに頑張ってみるのも勉強かなと思います。

これはジオラマの時にダイオラマパーフェクションに習ったのと同じ。

つーわけで、本の対象はアオシマの長門ですが、出来が良い後発のフジミでやってみます。

木製甲板のシートは不要だったと思うけど、トータル5800円。

早速仮組みしてみます。少しダボがキツすぎるとか、バリがあるとかありますが、細かいディテールは良い感じだと思います。

資料があんまり無いので頼まなきゃイカンけど、作れそうな所から…

モチベーションアップのためにも砲塔をカッチョ良くしてみます。

金属砲身もあるらしいけど在庫を見つけられなかったのでプラで頑張ります。

1/700の艦艇模型というよりは、1/700のジオラマだと思って作るのが良さそうです。

ホビーフォーラム1週間前なのに机の上が…

てへ?

 

2017.10.23

ウィンドウ

重い腰(ケツ)を上げて、ウィンドウを片付けます。

要らない名刺で型紙を作ります。

昔ゼツモさんが作ってくれたエッチングをゲージに左右の歪みの確認しつつ、アルミ板でバキュー型を作ります。表面は一応磨いてやります。

0.2mmでバキュリます

ボンネットに合わせて形を整えます。

洋白帯金を曲げて基部をこさえます。

時間がかかりますが、諦めずにじっくりとやります。

形状がピタットきたら木工ボンドでつけます。

はみ出した部分は水をつけた綿棒でキレイにて完了

始めりゃたった2日の作業ですが腰が重いですねぇ

残るはリアビューミラーとトランクの取手とテールランプ

2017.10.16

作り置き

イベント1ヶ月前くらいに塗装に入る?入らないとやっているのが常で、天候に左右されるのが辛いですね。

ボディは作り置きしておいて磨くだけならなんとかなるのではないかというのが今回の作戦。

決して予定外じゃないからね(笑

ルマンの頃に塗装してラッカークリアーもしっかりと枯れたSWBを磨きます。

エナメルでブラックアウト

グリルの部品もそのまま使います。

カット入り風の透明プラパーツも箱に入っているのでそのまま木工ボンドでさくさくと組上げます。

グリル外周のエッチングと中のメタルパーツがイマイチ合わないけどスルー力全開です。素組ですから。

窓の下準備、エッチングをコピーします。

透明板にコピー貼り付けて切り抜き。デザインナイフで2回くらいなぞればOK

サイドは木工ボンドです。

フロントとリアはエポキシで固定

下半身が全く手付かずですが、BBRなら色塗るだけで終わる。

340もやらなきゃ

2017.10.11

窓合わせ

四谷仙波堂さんのホームページ見てると買わないとイカンとかおもってしまって、初の日本軍戦車を購入。届いてから、気づいたけど前期型砲塔だった、後期型砲塔は出るのかな?

ボックスアートがカッコイイとモチベーション上がりますね。

ぱぱっと作って塗装で楽しみたい。

お手つきの方をなんとか組み上げてからにしないとイカンと、M48を組んでました。足回りパーツ多いけど他はそんなに部品無いので楽ちん。サーチライトがレジンパーツでパーツの配置がイマイチ不明確なので資料探さないと

ホビーフォーラムで買ったボディだけのヤツ(右)が予備として控えてます。気泡は埋め終わったのでスジボリ埋めつつ

箱車の命、窓の合わせ、ボディ縮んでいるからどうか?とおもったけど全然大丈夫そうです。

フロントから、少しルーフが低いという評判もあるようですが、ツライチになるまで追い込めば良いのだ。

おまけ、iMac2009のHDDが妙に遅い感じになってきてS.M.A.R.Tのエラーは無いけど事前予防交換することにしました。

HDDを入れ替えてMac OSX標準のバックアップソフトウェア Time Machineで戻すだけ。700GBの12000個くらいファイルがあるのでリストアに8時間ほど掛かるけど、会社行っていればあっという間です。

バックアップディスクを繋ぎっぱなしで、毎日というか電源入っている時に自動的にバックアップ取れてます。

写真二度と撮れないものがほとんどなので、防衛しないとね。

 

Next »