Home > ミリタリー > 1/700 プリンス・オブ・ウェールズ

2018.01.09

近代史=海軍

6日は娘とキングスマンを観てきました。

SWの時に予告編を観て、観たいというので…カミさんはグロいから嫌だそうです。

内容はいかにも「2」って感じでした…

ついでにジュンク堂によって趣味の本

これ1/700なんすよね。人が…

やっぱ細部まで作り込まれたジオラマの破壊力は絶大っすね。

自分の作る方向もコッチだな。

年末に作っていた長門はキャンバス地を白くして完成としました。

で、おまたせの英国海軍東洋艦隊カラー届きました。

これebayで12/28に発注して1/5には届きました。早い!

ちょうど娘が近代史の復習をしていて、「飛行機や核の力が戦力になる前は軍艦が最終決戦兵器だったんだ。だから核軍縮じゃなくて海軍軍縮なんだ」と洗脳しております。

太平洋の覇権を争った国のカラーは揃いました。

ドイツ用や大西洋方面のカラーも欲しいけど、もう弊工廠が手一杯で、自粛します。

というわけで、日英の親戚のような戦艦を同時に作って行きます。

元々が金剛までは英国産ですし、船型とサイズがそっくりです。

長門は前回の反省を活かして甲板を側板とツライチになるように接着します。

PWは金属砲身が付属しているので使うためにひと手間

戦艦はやっぱ大砲

部品毎に塗っていくのが良さそうです。上に乗っているものは別で塗って接着ですかね。

艦橋も入り組んでいるので、塗ってから接着して合わせ目消して、また塗るみたいな工程が必要そう。

つづく

 

2017.12.31

2017 総括

2017の終わりといえばエピソード8

本日また、家族と観に行ってきました。

29日は会社の会議室で納会。

「その先へ」とか言うとんでもないグレードの獺祭が登場

飲み易過ぎて、呑みすぎてしまいました。こんなに飲んだのは久々。

今年最後の物欲はライフカラーの艦艇色セット

イギリス東洋艦隊カラーはまだ届いて無いです。

プリンス・オブ・ウェールズを素組するつもりでしたが、カラーが届かないので長門のレイテ海戦時を素組します。

甲板いろいろ剥ぎ取ってますけど、構造物を全部乗せて色塗る時の練習台にします。

黒サフ

ライフカラーの呉グレーを吹きます。

フジミ純正の木製甲板シートを貼ります。コレ楽で塗り分けも要らないし良いですね。

リアルかどうかよりも作ってて楽しい。

飛行甲板をリノリウムの茶色にして完了。

フジミのキットはササット作って、グレーに塗ってシート張るだけという簡単工作でも楽しい。1日あれば作れます。

というわけで、長門作ってて記事書く時間が無くなっちゃいました。

まぁ作ってて次へ次へと手が動いて楽しいというのが一番、それでこそ趣味ってもんよ。

軽くまとめると、今年の完成はシャーマンは3両、340アメリカ、長門素組で終了。

来年もよろしくお願いいたします。

 

2017.12.11

長門 7

一週間のご無沙汰です。

冬の関東は天気だけは良いけど、寒いっす。

マフラーの焼けも中途半端なので、2時間あまりの時間で無理やり乗ることにしました。

高速はお金ばっかりかかって楽しくないので、どうしようかなぁと…2りんかんは近すぎるし…

|

とりあえず走り出し、ツレヅレナルママニ都内へ向かって荒川を渡り、

17号から白山通り経由で後楽園まで走って右折し、外苑通りを通って新宿は世界堂まで、

娘用の筆を買いに来ました。

試験中に使っていい筆が12-18号ということで、18号を買いに来た。

しかしデカイ筆は高い!!!びっくりでやんすよ。細いから高いと思ってた筆は、毛が増えるほど高いです。

ちょうど世界堂の裏にバイクの駐輪場があり30分はタダでした。

休日の都内下道、特に山手線の内側でターミナル駅から遠い場所は空いていて走りやすかったです。

手はグリップヒーターが無いので冷たいです。

都内を走るみなさんハンドルガードやハンドルカバーしてましたね。

W800の時は足も寒くて辛かったのですが、フルカウルになってラジエーターから温風も出るので、全然平気だったです。新発見!

結局40kmくらい走りました。出始めは信号発車で2回ほどエンストしちゃいました。

マフラー換えて抜けが良くなった分、低速低回転の粘りがなくなったかも。

|

夕方に届きました。PAR AVIONてなんか響きがいい。

上はウクライナはキエフからのお便りです。PAR AVIONで1ヶ月かかる謎ですけど。

パッケージングも豪快、箱は組み立て前の状態でその上にランナーがシュリンクされとる。

モノはUAZ-452です。日本の代理店が入れたやつは1万超えててアホかっ!て感じの値段でしたので自己並行輸入。

離型油ギトギトですやん。速攻で離型剤クリーナーと中性洗剤で洗っておきました。

もう一個は、送料で若干スッタモンダのフランスから

丁寧なお手紙付き

古い750Monzaのキットはシャシーにエキパイが2本モールドされております。なかなかイカス!

さて本題の長門

作りながらも必要なモノを買い足していったらなんか凄いことになってきました。

もう底なし沼

ここまで来たら後には引けないので、

飛行甲板をエッチングに置き換えるべく削りとりました。

 

エッチングパーツとプラパーツの甲板の境目が違うのが気になります。

資料を探したらエッチングの方が正しかった。船は資料探しも底なしかっ!

フジミ純正の木製甲板シートを乗せてみた。おお!!なんか良い。

厚みが0.2mmくらいあるので1/700の場合は、ガチ勢は、こんな子供だましは貼らずに、塗装で処理するみたいですが、木の感じはコッチも良い。

じゃあ0.2mm全体を掘ればいいんですね、分かります。<何を言っているか分かりませんが…

地ならし続きます。終われば塗装…早く塗装したい。

2017.12.04

長門 6

娘の期末試験も終わりほぼ進路を決める際のネタは出揃いました。

今は偶に絵描いてます。水彩の塗り練習、ムラナク塗るのが難しいですね。

ホビージャパンネクストたら言う雑誌を書いました。

模型雑誌買うのは何時以来か…イギリスへ行きたくなりました。

来年フィンランドラリー観た後はイギリスへ寄って来たいと妄想ふくらませる。

|

さて本題の長門

塗装に入る前に甲板上の細かい部品を剥ぎ取ります。

箱型の部品はそのままでも良いけど、キノコ型の通風口やリールは植え直すので削ります。

ついでにアンカーチェーンも、

まったりユルユルと続きます。

Next »