Home > ミリタリー > IV号 E型

2014.05.22

静岡ホビーショー2014参加!地の巻 合同展示レポート扁その2

参加翌日には部屋の掃除をしました。

机も綺麗にして後は余ったパーツをジャンク箱へ入れるためにランナーから切り離し、箱を潰して捨てること。

35戦車は箱がデカイので箱を捨てると達成感があります。完成させて完成品みてるより気分良いんじゃなかろうか。

レポート終わらないと区切りがつかないので今回で終わりにします。

量が多いし、コンテスト上位入賞レベルの超絶完成品ばかりで正直食傷気味になるくらいです。

吉岡さんの新作ジオラマと、新刊の紹介で戦車単体作例がありました。

ジオラマつーのは終わりが無いですね。どんなに細かくても作り込めちゃうのでその辺が自由なのかもしれないです。

5月30日に発売予定の本です。

ミグほどのインパクトは無いですが、醤油味で日本人にはこちらのほうがしっくりくるのかしら?

後は超絶なフィギュア

ノーマンロックウェル氏のイラストを元にしたアンドレア製かな?

みんな親指のサイズより小さいんですがとてもとてもそうは見えません。

私の塗りかけの完成バージョンです。フィギュアペインティングの好例です。

このオネーサン、水着に柄を描くのはイイですね。

後はジャンル違いますが、ヤマト関連。塗装がイイしLED照明もピッタリです。

塗装がイイのはこれも。原色系塗料が出てきて、キャラものは鮮やかさが一段とアップしたような気がします。

48の塗装で見せるたいぷもスケール感がありイイ感じでした。エッジもシャープで薄塗り。私も見習いたい。

筆塗りと思われる味のある塗装も良かったです。AFVはブラシ、薄塗りばかりじゃないんですね。

このグラデーションもいつも楽しみ。

自分の方向とは全く違う仕上げが決まっているのを見ると勉強になります。

みんな自分と同じ方向だとつまらないですよね。

残りはジャパンミリテールにアップしたのでそちらでご覧ください。

さー来年へ向けて…以下イベント適当えらんでに参加してみたいなぁ。

・東武タミヤ

・35コン

・東京AFVの会

・キヤコン

その前に43作れって、、、

2014.05.20

静岡ホビーショー2014参加!無能の巻

鼻血レポートはまだかって話もありますが、先に無能の巻というか製作顛末

今年は3台も作ってしまった(Dはリペイント)ので大変でした。

台を1ヶ月前に新規作り直ししたのが響いた感じもあるけど、どうせ直前までエンジン掛からないんです。

さっそく本題

雪の素材は以下2個が手持ちです。グラムさんの閉店セールで偶然入手したものです。

左の製品の細かさはなかなか良いです。右は少しオーバースケール1/16くらいなら丁度良いかな。

左の雪をファレホのシンナーなどで積もらせていきます。
すこし厚め(実寸30cmくらい)積もった雪から草が顔を出している表現にするには下地に白い紙粘土などが必要です。

今回は見積もり甘かった。

路面も溶けたドロ雪

枯れ木にも若干の雪

当初落ちた橋には雪無しでしたが、それも不自然なので滑り落ちた雪が残った感じを目指したです。

ジェルに極少量のホワイトを入れて薄い泡を再現して、水没した物と水面の境界に白い線を引いていきます。

これでグランドワークは完了です。

車体右側の空間が空いてしまったんですが、シリコーン流してしまって修正不可能ですねー

車体のウォッシング中に時間切れなので続きは…

水芸と雪芸の2種楽しめました。

平行してE型も作ってました。ヘアスプレーの剥がしがくどくなったのが残念。

転輪とゴムのクリアランスが無いので両側の塗装面をカッターで削る手間が痛かった。

ベースのジャーマングレーもガルパンと同じじゃ薄かったです。やり直したいなぁ。

デカールを貼ってやります。砲塔番号とか適当です。

履帯を装着しドリルでギューンと固定

フィギュアを塗る暇がなかったけどこれでなんとか…

というわけで3台なんとか持って行ける状況になりました。

当初計画していたことはほぼできました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
車体 前フェンダー .
.
後フェンダー .
.
ジャッキ台 .
.
OVM類 .
.
ハッチ .
.
ベース塗装 .
.
基本色塗装 .
.
迷彩塗装 .
.
汚し .
.
フィギュア 将校 .
.
軍曹 .
.
ベース 川底 .
.
崩壊橋 .
.
橋欄干 .
.
水シリコン .
.
橋脚コンクリート .
.
橋上部 .
.
表面波 .
.
岸芝 .
.
枯れ木 .
.
.
.
最終仕上げ .
.

ま、よしとしましょう。フィギュアなど続きはいつか作るかも。

2014.05.19

静岡ホビーショー2014参加!天の巻

1年に一度の静岡詣でに行ってまいりました。
我がクラブのプラスチックウォーリアーズ出展も無事できました。
今年で3年目ですが、毎年徹夜であります。<もうそれも込みでSHSなのかも…既定路線ですね。

さっそく我がクラブ プラスチックウォーリアーズの作品をご紹介。
今年のテーマは4号戦車です。A型から全てそろえる勢いです。
朝の設置、若干名は徹夜or睡眠不足ですが、白い歯がこぼれる表情が全てを物語ってます。

A型は怪鳥どの

B型はクラブ会長さんのKunihikoさん

ファレフォを筆塗で仕上げてます。

K林さんのトライスターC型、組み上がれば素晴らしいプロポーション

同じくK林さんのトライスターD型

私のドラゴンE型

上村さんのF型

OVMなども凄い精度

ジャーマングレーだと展示して時間が経つと埃が目立ちますね。もっと早めに撮れば良かったです。

Tさん(毒さん)初参加のH型

始めて戦車完成品をこさえたとはとても思えない凄い仕上がり。斧の質感とか丁寧なチッピングが素晴らしいです。

ホントに素晴らしい。

若手のホープM落君のJ型1944 ノルマンディのIV型らしい佇まい

カモフラージュの樹木がいい感じです。

シュルツェンなども丁寧にウィーザリングされており素晴らしい

次もM落君のベルリン最終戦のJ型、トーマシールドの金網が清潔感ある仕上がりです。

さらにM落君のフィンランド1950年のJ型、終戦後も使っていたのですね。

これは皆さん全会一致でクラブベストだという評価です。アイテム選択の渋さと丁寧な塗装が光ります。

薄いカラーモジュレーションというかフィルタリングが単色ボディに映えます。

もう一枚

さらにM落君のメーベルワーゲン2態

フィギュアもイイ

Kunihiko会長さんの土居さん賞受賞作品再び

アルコール落とし炸裂のイイサンプルです。決まれば超絶です。

さらにKunihiko会長のオストウィンドウ

私のガルパンD型

毎年完成せずに大量持ち込むほのぼの店長のラング、他…

|

|

なぜ4号以外が完成しているのかと小1時間…

|

|

全景で後ろに並んでいる装甲列車など14台もの未完成品を持ち込む大物量です。今年も予定調和的に予想を裏切りません

最後に私のジオラマ

ウォッシングが時間切れだったので現地で掃除。。。本来は御法度です。すいません。

以上、とりいそぎ参加のご報告でした。

今回はここで切ります。

2014.04.13

IV号E型 その10

日曜日も天気が良いですなぁ。

最近自分の興味が向いたのもありますが、とっても街角のバイクが目につきます。

今はバイクにイイシーズンなんですよねぇ。

自分のバイク計画は免許取りに行かなきゃと思いつつ、勤め先の近所日の丸自動車学校か、自宅から車で20分くらいの浦和教習所か、中免だけ先行するか、大型もまとめて取ってしまうか?、いや先立つものがそれほど無いなぁ。などとあまり進捗ありません。

うだうだ考えていても進まないので、バイク屋へ中古APE50を見に行ってきました。

ヤフオクの方が安いけど、現車確認しないのは危険過ぎだし、現車見たって動力系の善し悪しは今の自分では判断つかないので、バイク店で納車整備済みを購入することにしました。

12年落ちながらフルノーマルで、メッキ類の錆も少なくブレーキなどレバー動作もまずまず、本当はホワイトを狙ってたけど程度優先でトリコロールカラーにしました。

ラインとスプロケ、チェーン、タイヤも交換してもらうことにして松竹梅で言ったら松コースの整備ですが、命掛かっているのでこの辺は金を惜しんではイカンと経験が言ってる。いずれデカイの乗る前には、自分で出来るようになりたいものです。

MTのバイク初心者なんで2年くらいは原付で我慢しつつ、免許取れたら本格的に欲しいバイクを考えて行きましょう。その前に飽きたらそれまで。

で本題のIV号達

まずはヘアスプレー

ヘアスプレー吹いてツヤが出ると色が濃くなる。

装備品をつけたまま迷彩したようなので、ロープを引っかけてからサンドを吹くのです。

若干ムラを残してサンドカラーも完了

2色のIV号、並べると楽しい。この状態でバイク屋へバイク買いに行ってきた。

帰ってきて、エアブラシ塗装の続き

相変わらず塗装はファレホを吹いてます。履帯はこの色で。

まずは田宮サフを吹いた上に黒プライマーを吹き

この辺は2台いっぺんに出来るから効率アップ

E型は普通に錆色に、ガルパンD型は茶系じゃないグレーなのでそんな感じに適当に塗り。ゴムタイヤ部分もグレーに

うむうむ、よしよし

残りは筆でちまちま楽しいウィーザリングタイム。

Next »