Home > 43のハミ出し

2015.11.15

332号車と331号車

ホビーフォーラムが終われば、次の目標はホビーショーです。

綺麗に半年ずつ戦車とミニカーを作っております。<嘘ミニカーは2ヶ月くらいしか作ってませんが…

来年のホビーショーのテーマはTigerファミリー

Tigerといえば最初のホビーショーは初ジオラマで作業量を見積もり損ねて轟沈。

思えば徹夜強行軍の始まりでした。

しかし、今回の私は違う。

なぜならその最初のホビーショーの332号車の作りかけがあるから(笑)

さらに徳田さんの331号車も追加されるおまけ付き。

順当なレイアウトだとこんな感じです。「ジオラマは高低差ですよ」なんて言いながら、こんなレイアウトのジオラマは見飽きた感がありますが…まあ基本に忠実に。

8H8C9297

台のリメイクまで吉岡さんのダイオラマパーフェクションを辿るのです。

今回さらに一味違うのは広大な作業スペース。

今までの3倍くらいは作業スペースができました。もうジオラマ作業終わって机の上を片付けなくてもイイ!出しっぱなしで、気が向いた時にすぐに作業できる!

PCでメモリーが増えたのと同じ!参考の本も開いたまま机に置けます。もう床の資料を見ながら作業しなくてもイイのねー

8H8C9275

作業部分は917作っている時に移行済みですが、やっと部屋全体の掃除が終わりました。

こんな物とか見つかります。

IMG_2244

そうです。この屋根。CD-ROMが入った段ボール箱の底にありました。

IMG_2249

43と言えば。

ebayに発注したRacing43のPeugeot208T16 R5が届きました。

知也さんのシュコダはアレナな箱でしたが、Racing43ブランドの方も生き残っているようです。

8H8C9281

なかなか厳しい。正直Spark買ってバラした方がマシかもしれない。新生Racing43のキット買うのも4個目ですが、今回が一番ダメかも。ただWRC系のキット出してくれるだけマシなんで買支えますよ。

8H8C9288

こちらはデカールが届かないので続かない

あ、Tigerは続きます。

2014.05.25

Ma.K おねーさん 2

怒濤の静岡ホビーショー進行から明けて週末、

土曜日は娘の小学校最後の運動会でした。最後なんで観覧席取りで早くから並んでみました。

AM4:00頃行きましたら3番目でした。3時間半校門の前で並んで無事ゴール正面をゲットです。

3時間半待ちくらい、鉄のポジション取りを考えたらチョロいです。

使うレンズは麻婆豆腐の巨匠にお借りすることができ、盤石の体制にて劇写任務完了です。

クレオスの薄め液が切れてしまって剥離途中だったタイガーは、近所に薄め液を扱う模型店を発見し、無事剥離完了。

真鍮の色がイイですなぁこのまましばらく飾って置こう。

静岡で某氏(巻き込むと申し訳ないので伏せます)と見解が一致したのはDUMONTの新品は古い物と感触が違う。

ピンセットは一択とDUMONT推しでしたが、改めます。

4000円近く出しても新しい最近のヤツは微妙です。

先代とは全然感触が違い、力を入れたときのつかみ心地など雲泥の差です。

私は予備として引き出しの肥やしで、上の古いのを「大事に大事に」継続愛用中です。

同じメーカーで新品買っても代替えにはならない、20年前のデッドストックを探すしか無いのかぁぁ。

最近すっかり物欲が枯れていたんですが、ファレホのエアブラシクリーナーをボークスオンラインへ発注ついでに買ってしまいました。

キャラグミンです。なんぞ?これ?

ライトノベルは読まないんですけど、表紙のジャケ買いです。バーニア600氏の描く女体に一目惚れ。

まあ、内容としては国鉄がJRになってなかったら?的な中二病設定です。

ネタが鉄道なんでなんとか読んでいますが、読まなくても挿絵だけで十分です。

さて本題のフィギュア

今日は目玉の日にしようと思いまして、慣れるために1/9から塗っています。

やっぱ人形は目が命かと、全部目だけ塗って、フィギュアがこっち見てて気持ち悪いって思えたら成功ということで開始。

そういえば、モデルカステンの誉という筆は去年の静岡ホビーショーで買って出番なく死蔵していました。

今回使ってみて、かなり良かったです。値段がもう少し安ければBUNSEIDOやめてこれしか使わないってのもアリです。

眼光鋭い感じに。目だけ塗って終わり。

次の目も塗り塗り。キモっ。

1/9でだいたい良いようなので、1/20の塗装へ移ります。

谷間姉は目だけのつもりが、ついつい髪とか唇とか暫定で塗ってしまいました。肌の色が変だ…

|

ヘソ姉は目がデカイ。原型がイイので塗りやすい。こっちも実は胸が凄いなぁ。

目がうまく塗れたので、肌部分も引き続き塗り。自然光で見て自然な感じが一番好き。

髪の毛も塗っちゃいます。指の太さが不自然だが、これはレジンの限界なのかも。素組なんでスルーしてます。

谷間姉と並べる、谷間姉も塗らないと変だぁ。なんかモチベーションモリモリです。

SCALE75のセットから東洋人向けの組み合わせで塗ります。5色+髪の色は別のファレホです。

SCALE75のセットは黒人用のインストが無かったけど白、黄、黒人種全部塗れそうなセットです。

アジアン系のレシピで塗った谷間姉

白人系のレシピで塗ったヘソ姉

3人並べてみたりして…

|

谷間姉は金髪にしてみました。別のところにピントが来てしまったが…

完成した気になって、洋服は何時塗るか?

2014.05.23

Ma.K おねーさん

さて、次はホビーフォーラム向けの43すかね。

どうも物欲方面がお留守で、モチベーションが上がってきませんなぁ。

ジオラマも沢山になってきて置き場所に困ってきました。

一番最初に作ったジオラマはデカイわりに未完成で邪魔です。

今回のラングでよく分かったことは、戦車の方がグランドワークよりも時間が掛かる。

よって台なんか何度でも作り直しちゃいますが、戦車は前作を生かす方向が吉。

初ファレホ吹き&モジュレーションでメタメタだったタイガーの塗装を落とします。

細かい部品が取れてしまうけど気にしない。

相当作り込んでますよ。未完成ジオラマに乗せておくのはもったいない。

車体落とす前にクレオス薄め液が切れてしまった。

これは徳田さんにいただいたタイガー、史上最高に手間が掛かってます。これも是非活用させていただきたい。

前回のジオラマから少し時間が経過した感じでどうでしょう。できれば排気管から煙りモクモクだと嬉しい。

さて、本題のおねーさん

Kunihikoさんから分けていただいたロペスちゃん。こんなに小さいのに凄いディテールと雰囲気です。

分割ラインの埋めとクレオス缶サフ1000

|

ファレホの黒サフを吹きました。黒立ち上げにしようと思う。

ついでに作りかけだったSCALE120のおねーさんも黒に

雰囲気はがらっと違うおねーさんです。谷間は大事です。

今回はこのSCALE75のFlesh Paint Set使ってみます。ファレホじゃないのかな?顔料が特濃です。そのままでは絶対吹けません。

アクリル用の薄め液、やっぱ吹きやすさは左端のファレホのエアブラシクリーナー

アラビアンシャドウを吹きます。

同じく、適切に希釈すれば吹けます。めっちゃ艶消しです。

さらにヘソオネーサンにベースカラーを吹きます。

谷間オネーサンもベースカラー

ヘソオネーサンにハイライト

後ろ姿が艶めかしい、台所に立っていただくと漏れなく夕食が完成しませんな。

谷間おねーさん、ちょっと谷間消えてしまいましたが、筆塗りのベースですからこれイインです。ボインです。

こっから先はエナメルで塗るって手もあるけどどうしようかなぁ。

とりあえずは、エアブラシでそれっぽい作戦。この作戦の欠点は完成した気分になって後が続かないこと。。。

2013.11.22

IV号E型 35コンへ向けて2

そう言えば最近Duel in the Mistのvol.1を見つけたので購入しておきました。

気づいた時には売り切れていて、今はプレミア価格になってます。

写真資料というよりは、パイパー師団のバルジ大作戦中の行動を詳細に追ったドキュメントです。最後まで読み通せるのか?

vol.1とvol.2で出版社が違うけど執筆陣は同じ。

あとはこちらのTiger in Action これは、Tiger-Iの主な部隊と戦場での写真とカラー図です。

タミヤのTiger-Iの箱絵は色がジャーマングレーじゃないんじゃね?的ないまどきの新考証を元に色再現してます。

ディテールを見るというよりは、ディオラマなどイメージソースなどにはイイ感じです。

写真と図

こちらも同じ503重戦車でやっぱダークイエロー

さて本題のIV号E

砲塔内部のディテールを終わらせました。押し出しピンの後がデカイのでちょっとだけ光パテ。どうせハッチからでは見えないかもしれないけど一手間。

時間が限られているので作業の順番も考慮しつつ、手当たり次第に片付けて行くしかない。

履帯はどうしようか、フリウルを使おうか?と思ったら種類が違った…IV号III号の履帯はイロイロあって難しい。

フリウルが選択肢からオチたので逆に黒く染める手間が無くなって履帯の作業順番は後でも問題無くなったわけだが、勢いが有るウチに片付ける。

20枚づつ並べて、片側108枚をカウントする。これで片側分。

更に並べて、もう一本分。全部で216枚。右の方が微妙に暗い色にしてあって左右が違うと思う。けど同じかも?

明らかに右の履帯の方がハメ合わせが緩かった。

流し込み接着剤で適当につなげて巻き付けちゃいます。

103枚くらいで十分でした。それでもかなり余ってたるんだ感じ。

フェンダーもシャーシ側へ付けてしまいました。

だいぶ形になってきた。今晩中にくみ終わりたいけど、それは難しいなぁ。

ガルパンIV号のDは違和感があるなぁと思っていたのが、ケペッグカステン。やっぱこれが有るのと無いのではイメージが違う。

短砲身IV号可愛い。

次は塗装に入れるのか!?

台はどうしよう?、フィギュアはどうしよう?

締め切りまで2日!

Next »