2014.08.08

夏休み臨時あけぼの地元リベンジ敗北

昨日は運休でしたが、今日は運転されているようです。

空を見たら「まあ撮れそう」な感じでしたのでレンズとカメラ、踏み台を抱えてバイクでゴー

一昨日と同じ場所が空いていたので、踏み台に乗って手持ちで撮影。

ちと傾いたかな?手持ちは強い集中力が必要ですなぁ。

三脚に脚立はバイクで運べないし車で出るほどでも無いって感じで、上手く撮れればラッキー的な地元ならではの遊び。

リベンジと言えば例のRacing43の油浮きMINI

新しいヤツはあんまり真剣に油抜きしなかったので、再発してました。爪でひっかくとサフが剥がれる。

しつこく繰り返す旧い方のMINIも若干再発

油の浮き出る範囲は狭くなって、新MINIよりはマシ。

ご機嫌クリーナーにドブ漬けする期間を長くすれば改善するかも。新旧共にリベンジします。

でわ

2014.08.06

夏休み臨時あけぼの地元玉砕

昨日は500km近く運転して帰ってきまして、さっそくやるのはカメラの画像読み込み。

で、blogを更新しながらも寝オチしそうなほどの眠気。。。

翌朝の天気も調べず、目覚ましもかけず、目が覚めた時間次第、日差し次第で撮影へ行くかどうか決めることにして就寝ー>即爆睡。

目が覚めたら5時半前だった。速攻でレンズとカメラを抱えてバイクでゴー

8人ほどいらっしゃいましたが、なんとか撮影できそうな場所が空いていました。

少し遅れているらしいとの噂でしたが、ほぼ定時で通過。

手持ちだったので失敗ー、レンズの重さで下へ、ついついAFフレームで追ってしまって左へ…

明日は運休らしい、週末まで台風で雨?こりゃもうチャンスないかもな。今日は失敗はイカンでしょ。たはは

まあ、朝起きてあけぼの!って目が覚めるのが楽しいです。あすはゆっくりしよ。

2014.03.04

さらば「ブルートレインあけぼの」

寂しきかな

「ブルートレインあけぼの」の定期運用が終わろうとしている。まだ10日ほど残っているが、定期運用の「あけぼの」を題材にした当blogエントリーはコレが最後となる公算が高い。人間ではないがR.I.Pといった心情になってしまった。

2009年9月より始めた撮り鉄趣味は「あけぼの」朝練から学ばせてもらったことが多い。

最初に撮ったEF64-37「あけぼの」は完全なる失敗。構図も日の丸で笑っちゃうくらいだ。

カメラのAFがピントを失ったのも想定外。

EOS-5D EF70-200/4

ピントが戻ったときには通過していた。この時期の5DのAFは頼りにならないことがよくわかったのであった。

撮影ポイント選びの面でも、列車に被る障害物も多く、経験が足りない今は自分で見つけたと思いこんだ撮影地では満足行く絵が撮れないことも痛感した。

蕨駅ホームへポイントを変えなんとか捕らえることができた。

EOS-5D EF70-200 /4

試行錯誤をしているうちに、この年で0番台の37-38は「あけぼの」運用から外れてしまった。

無念だが撮れる時に捕らえられないと二度と機会が無いという良い教訓になった。

翌年には、ただ一度だけ(翌々年はチケットは取ったが台風で運休となっため)カミサンの実家へ娘と共に乗車することができた。

撮影ポイントも蕨駅先端を脱し、跨線橋へ移った。

EOS-5Dmark2 EF100-400/F4.5-5.6 オール金帯! [デカイ画像リンク]

そしてついに脚立を導入した。

南浦和のSカーブへ行く準備は出来た。

実は始めた2009年にも同じポイントの下見はしたが、フェンスを越えるためのデカイ脚立に高い三脚と、ポイントのハードルの高さ(もといフェンスの高さ)にビビッテ避けてきたのであった。

EOS-5Dmark3 + EF300/2.8 x2 [デカイ画像リンク]

そして今朝は練習の集大成。

長らくSカーブで捕らえられなかった1031号機がローテションに入っているということで、5時に目覚ましをセットして10時には就寝した。

目が覚めたのは3:45である。空には薄い雲が見えるが、とにかくチャレンジするため家族を起こさないよう静かに身支度を終えポイントへ向かった。

連日10人以上の賑わいを見せるポイントも2時間以上前では誰もいない。

最終的には10人ほどにふくらんだ同業者と冬の「あけぼの」を捕らえた。

線路には日が差さない条件ではあるが、個人的には出し切った感がある。

ちょっと傾いてたり手前の雑草ちゃんが朝日を浴びて輝いていたり、ツッコミどころあるがコレが今の実力だす。

「あけぼの」今までありがとう。

EOS-5Dmark3 + EF300/2.8 x1.4  [デカイ画像リンク]

盆暮れには臨時列車としての復活「あけぼの」運用は6両編成の姿で、地元で撮影する気になるかどうか微妙だが、

帰省先の酒田ではネタとしてありがたくちょうだいする予定。

2014.02.26

IV号E型 その5

ご無沙汰です。

鉄撮影もずいぶんとご無沙汰でした。

今朝は天気も良さそうなので、目覚ましを早めにセットしており、明けの空をみてはね起きた次第です。そそくさとレンズ、テレコンをカメラに装着して脚立を抱えてミニでレッツゴー!あけぼの通過20分前に到着すると予想通り10人ほど集結してました。

いつも600mmで正面がちなので今日は420mmで横がちに撮ったんですがっ!

あれーパンタ切れちゃったよう。

撮影ポイントが混んできているので今日が最後の撮影のつもりだったのに、失敗しちゃうと、次こそっ!て思っちゃいますね。週末へ向けて天気悪そうなので来週かな。

2009年から撮影している被写体が無くなるのは寂しい限り。朝練ではお世話になったので、是非とも本番としてしっかり撮影したい。

EF64-1052のΛKEBOVO

先行列車はしっかり収まったけど、EF64は先頭パンタが高いからとアングル上げたはずななのに、上がってなかった…つか、ギリギリ過ぎか。>鉄用語でカツカツ

本題のIV号 E型

日曜日はプラスチックウォーリアーズの面々と会合でした。

ちゃんと制作中のIV号を持ってきたのがカミムラさんだけという…スイマセン。

作りかけでも、水平垂直、隙間などピシッと整ったF型はオーラさえ感じました。

私のE型…手が止まっちゃった理由その1

マフラーの支えはどんな形なんだ?台形の縦板が有るのか無いのか?

写真見るとベルトだけじゃあく板が有るような気がしますが、こんなに厚くないですね。短いのはL/70のやつ。

手が止まった理由その2

前面増加装甲と側面の角度が違うのでくさび形に隙間が出来てます。

皆さんスルーしているからスルーすれば良いのに…気になる。

実車写真だとそんなくさび形の隙間は無い。びしっと平行。さすが独逸人!

増加装甲上面の構造もいまいち信頼できないので、いったん切除して確認。

やっぱ側面装甲はちゃんと付いてます。前面装甲じたいに角度が付いてますなぁ。

前面増加装甲板をプラ版から作り直すのが近道かな。

Next »