2017.08.18

亜米利加大陸西岸見聞録 シスコ編

ロスにシスコとなんとも恥ずかしい略語ですが…

アムトラックが深夜11時にエメリービルに到着して駅前真っ暗です。

ほんとヤバイくらいですが、UBERを呼んでサンフランシスコ市内のホテルまで移動です。

フィッシャーマンズワーフという港というか海岸沿いです。

イメージ通りのケーブルカーが居ます。

めちゃくちゃ坂がキツイ

坂なのでケーブルカー箱乗り勢

坂道ではハンドルを切って止めましょうね。ということが実践されてます。

到着した日は寝るだけで、翌日はレンタカーを引き取ってきて、カミさんのお友達の家までご訪問。

今回借りたのはコレ、日産のパスファインダー 3.5リッターV6 287馬力

カローラで予約しておいたのに、デカすぎてホント迷惑ですよ。

カミさんが友達と話してる間に娘とゴールデンゲートブリッジへ行ってきました。

夏は実はあんまし天候が良くないらしいです。毎朝霧雨が降ってまして、ご覧の通り霧というか靄も出てます。行くなら5月や10月が狙いめらしいですぞ。

気温も最高27度の最低が17度とかなり肌寒いです。海からの湿った風のせいです。内陸は30度超えます。

団体行動が苦手なのとジジババと大学生向け日本人ガイドツアーは悲しい気分になるのでツアーは避けたかったけど、セグウェイに乗れるので外人ガイドのツアーに参加。

アルカトラズを望む

セグウェイは乗りやすかったですね、普通に市街地、一般道をビュンビュン走って、2時間ほどフィッシャーマンズワーフ周辺を観光して周ります。

得難い貴重な体験でした。

翌日は早朝5時には出かけます。

レンタカーで高速道路を東へ向かいます。右から2番めを走るのがちょうど良い

レンタカーの醍醐味、腹が減ったので途中の街で適当に朝食

デニーズなんて日本にもあるじゃんか?いやいや全然違うでしょう。

ハッシュドビーフが美味い。目玉焼きはオバーイージーです。

腹ごしらえも済んで。

峠道をひたすら登りますが、道が狭いのに車がデカくて辛い。

バイクで走ると楽しそうな道がいっぱいありました。

3.5リッターは燃費悪いので途中のテキサコで給油です。

サングラスも持ってきていなかったので、売店でおやつとかと一緒に購入。

デカイキャンピングカー多し。

テキサコといえばテキサコシエラですねぇ。

1ガロン3.5ドルで10ガロン(38リッター)入りました。

この車のタンクは20ガロン(76リッター)くらいですかね。

まだ到着してないけど半分使ってしまって、給油しないと帰れなくなっちゃいました。

車1台分で30ドルの入場料を払ってヨセミテ国立公園へ入場

スケールがデカイ、なんかCGとか絵画のような遠近感です。

つかこういう風景をいつも見てるからアメリカ製の風景画はあんな感じなんでしょうなぁ

サンフランシスコからは300kmで5時間くらいです。

アメリカ大陸の中では近い部類なのでしょう、キャンプのファミリーがいっぱいいます。

どこもかしこも広大


帰りは眠くて辛かったです。2/3くらいが下道で東京新潟往復したようなイメージです。それほど強行軍ではないです。

自分で運転すると広大さにシビレます。

本当にだだっ広い

アメリカの高速にももちろんサービスエリアというか休憩場所はあるのですが、入り口の看板に気付くのが直前なので入れなかったです。

市街地が近づくと高速出口に必ずショッピングモールがある感じなので、そこで降りてマックで休憩しました。

次の日は娘の希望でウォルト・ディズニー・ファミリーミュージアムへ行きました。

その後は久々に日本人街まで行ってラーメン山田

UBERでホテルまで帰れるよねと、現地解散してクパチーノへ行ってきました。

アップルの本社があるところです。ほんとそんだけ。時間余らなかったら行かなくて良いです。

パスファインダー君とはこれでお別れ

満タン返しじゃないからって、コレはちょっと使い過ぎかな?

乗り心地が良かったとカミさんは満足してました。

次の日はUBERでサンフランシスコ空港まで移動して帰って来ました。

9日も居た割にはユルーク行った場所は少なめかも。

Tシャツいっぱい買いました。

 

2017.08.16

亜米利加大陸西岸見聞録 ロス編

カミさんのたっての希望によりアメリカ西海岸へ行って来たわけですが、当たり前ですけど外国旅行は疲れます。

特に興味の無い場所に行かなければならない時や、自分しか外国語を解さないなど責任重大なのはストレスフルです。<まぁ喧嘩の原因はこの辺にあります。

それを補ってあまりある旅行であったと思います。ということにしておきましょう。

ざっと行った場所の紹介

ロサンゼルス

  • ユニバーサルスタジオ
  • ハリウッド(チャイニーズシアター)
  • グランドキャニオン<ロスじゃないけど(笑
  • サンタモニカビーチ
  • ディズニーランド

サンフランシスコ

  • フィシャーマンズワーフ周辺
  • ゴールデンゲートブリッジ
  • ヨセミテ国立公園
  • クパチーノのアップル本社

以下詳細です。全般的に円安+物価高いのですお気をつけを…

LAで泊まったホテルはザ・ガーランド

ノース・ハリウッド地区にありまして10分ほど歩くとRalphsや7-11やスターバックスがありますので便利かな?

レッドラインという地下鉄のユニバーサルシティ駅を経由して、ユニバーサルスタジオまでの無料シャトルバスが、30分間隔で朝7時から出てます。

ユニバーサルシティ駅からは徒歩で20分<当然歩きませんけど

到着した日は既に夕方なのでホテルのレストランで夕食後寝ました。

部屋はめちゃくちゃキレイ、朝食は付きません。

レストラン付いてますがコーヒーがまずかったので夕食だけ2回食べました。

|

2日目

ユニバーサルスタジオは日本と変わらないです。少し空いているかな?くらい行かなくても良いです。

ハリウッド(チャイニーズシアター)も特に見るべき物は無いです。全体的にLAは見るもん無いです。

地下鉄は安全そうですので昼は良いかと思います。夜遅いと少し危ない感じの人も居ましたのでお気をつけ下さい。

朝の通勤時間は普通の通勤電車です。ギターで弾き語りしているヤツがいたりして少し日本とは違います。

TapというSUICAのようなプリペイドカードで乗ります。どこまで乗っても1.75ドルは安い。

前半2つがクソつまらなかったので、地下鉄でホテルに帰ってRalphsでサンドイッチ買って食いました。

3日目

グランドキャニオンは飛行機で行くツアーです。送迎の車も含めて片道2-3時間ほどです。

日本人のやってるツアー会社のようで送迎ドライバーからパイロット、現地案内も全部日本人でした。

ザ・アメリカ大陸です。

空気遠近法がすごい、歩いて谷底まで降りて一泊するのが良いでしょうかね。

風景写真としては朝日又は夕日と絡めるのが必須なので、写真家としては昼に2時間ほどしか滞在できないのは残念至極。

もし再び行かれるならレンタカー借りて麓のホテルに泊まって、朝夕通うのが良い。

とにかく地球の成り立ちみたいなモノの存在を強く感じます。エコエコ言うのも分かる。

歴史は浅い若い国だけど土地はとにかく広いし、すごい風景が多い。それは間違え無い。

帰りも飛行機でビューン

アメリカにはよくあるゴルフ場の周りに住宅がセットになった物件が左下に見えます。

昼食付きですが、ロサンゼルス市内に戻ってからバイキング形式の安ファミレスで餌です。

餌が終わったらホテルまで送ってくれりゃいいのに市内の観光場所まで送りますよとか言って、ホテルまで送りたくないのがアリアリです。送る場所候補もダウンタウンのメーシーズとかザラとか日本で買うより安いですよ。とかアホか!買い物しに来たんじゃねぇよ。

カリフォルニア・サイエンス・センターのスペースシャトルはタダですよ。とか、いらねぇよ

駅まで送ってくれれば後は自分で移動するからとっとと送れや。とかなりゲンナリ。

ユニオンスクエア駅でアムトラックの乗り場所をチェックした後、地下鉄乗ってサンタモニカビーチへ行きました。

ルート66の終点で、LA市民の湘南てところでしょうかね。

GTAとかやってると必ずビーチに遊園地がありますが、その通りに遊園地がありますね。

Th Albrightというポパイの絵があるシーフードレストランでビール飲みつつ夕食しました。

で酔っ払ってココで喧嘩しました。俺はガイドかよ!クソもつまらんって。

4日目は娘の希望でディズニーランド

普通のディズニーランドと向かいにはアドベチャーパークがあります。ディズニーシーみたいなヤツです。

アトラクションは日本とそれほど変わらない感じでファストパス等のシステムも同様です。

園内の鉄道とか外周に配置されているので、ちゃんと移動に使える

スターツアーズに乗りました。

建設が進んでいると思われるスターウォーズのテーマパーク

通路を塞いでいる壁面に絵がありました。

お土産にTシャツ買ってもらいました。夫婦生活は忍耐力も大事です。反省してます。

5日目はアムトラックで移動で一日潰れました(笑

LA編おしまい。

2017.08.15

Ninja650納車

亜米利加本土からの帰国後、電車で1時間かけて30km離れた狭山までバイクを取りに行ってきました。

長距離移動後で徹夜の夜、オマケに1ヶ月バイク乗ってなかったというカナリハードルが高い状況でもなんら問題無く乗って帰って来られました。

軽いし足つきもバッチリ、ほぼ両足がかかとまでつきます。

Ninja650とMT-07とW800の比較

Ninja650 MT-07 W800
重量 193kg 182kg 216kg
シート高 790mm 805mm 790mm
エンジン形式 270度パラツイン649cc 270度パラツイン689cc 360度パラツイン770cc
出力・トルク

50kW(68PS) /8,000rpm

65Nm(6.6kgfm) /6,500rpm

54kW(73PS) /9,000rpm

68Nm(6.9kgfm) /6,500rpm

35kW(48PS)/6,500rpm

62Nm(6.3kgfm) /2,500rpm

1000kmを4000回転で走り慣らしが終わるのが最初の目標。

イロイロと外観とツーリング向け装備をイジる楽しみはW800と同様で、より遠くへ行けそうで楽しみです。

 

2017.08.14

ワレ亜米利加本土ヘ上陸ス(移動手段編)

毎度のカミさんの気まぐれというか衝動により、鷹は舞い降りたならぬワシへ舞い降りたわけです。

一番最初に一番感動したモノを挙げときますね。

それは偶然目撃した貨物列車、撮影したのは1分半程度なのでアメリカの貨物編成としては、だいぶ短い方です。先頭3両、後端2両の5両の機関車もイカス。

また撮影だけ目的に来たいくらいです。

|

2番目はアムトラックの寝台列車コースト スターライト号

36時間かけてシアトルとか、もっと遠くへ寝台で移動するのに利用するみたいです。

夕食で相席になったオバサンはシカゴからはるばる乗り鉄に来たと言ってました。

アメリカでは鉄道マニアのことをRail Guyと呼ぶようで、主婦でもRail Guyみたいな。。。

ロサンゼルスのユニオン・スクエア駅からサンフランシスコ最寄りのエメリービル駅まで10時間ほど乗りました。

サンフランシスコのダウンタウンへ移動するならエメリービルではなくオークランドで降りるとアムトラックのスルーウェイバスに接続していて便利ですが、私は知らずに手配しておらず、エメリービルで降りてから下で紹介するUBERを使ってサンフランシスコ市内まで移動しました。

接続列車が遅れたために1時間遅れて11時になってしまったのもありますが、エメリービル駅前は真っ暗タクシーすら居ませんでした。

2両の機関車で牽引してます。

山をゆっくりと超えて行きます。

車窓は変化に富みます。

二人用個室、上段に畳まれたベッドがあります。下の段もベッドになります。

食堂車が連結されていて、寝台(スリーパー)の客には乗車中の朝昼夜の食事が付きます。

これ以外にも食事できるラウンジカーもあります。

ステーキディナー

無料Wifiもありますし、北斗星や富士がなくなった今となっては、ジジババ価格でバカ高い国内の豪華寝台列車より、アメリカ行ってコレに乗るのもそんなに値段変わらないのじゃないかとも思えます。

羽田ーサンフランシスコー<コーストスターライト>ーシアトルー成田みたいな…

|

3番目はUBER

アメリカ都市部ではかなり使えると思われます。

スマートフォンにUBER Appを入れてクレジットカードを登録すればすぐ使えます。

ロサンゼルス空港からホテルに移動する際の送迎ドライバーの方が「UBER最強だよ、もうTaxiなんて使えない」と言っていたので使ってみましたが、想像していたよりかなり使えます。今後のUBER無しのアメリカ旅行はアリえないと思えるくらいです。

目的地を入れて、ピックアップポイントを指定て迎車依頼し、車が到着したら乗るだけ。

支払いはUberに登録したクレジットカードから自動的に払われるので現金等も不要です。

行き先は迎車依頼したときに指定してあるので、ドライバーとは挨拶程度の英語ができれば問題ありません。

英語がほとんどできないカミさんにも使えたので、スマフォさえ操作できれば誰でも使えると思います。

泊まったノースハリウッドのホテルからディズニーランドまで車で45分、地下鉄とバスだと4時間かかる、完全なる車社会!!

フロントのオネーサンも電車はありえない、UBERかTaxiでなら行けるとの由

ディズニーランドからの帰りもサクッとUBER呼んでホテルまで帰りました。

快適過ぎた。日本のUBER使えるかどうかは知らんけど…

とりあえず移動手段の話ばかりですが、ここまでで一旦終わり

 

 

 

Next »